FC2ブログ

ふくひめライブ--絹の絃、人形浄瑠璃文楽と落語

スポンサーサイト

Posted by ふくひめ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢市男達競

Posted by ふくひめ on   0 comments   0 trackback

西行が猫
頼豪が鼠


角書きだけで感動的

お名前は出てらっしゃらないけど望月朴清師が作調というか音楽監督というか監修というか
なさってるらしいです(よくはわかってません)


朴清師
FBでかなり天然ですてきでらっしゃるのです
私なぞがコメントしても返してくださったり、イイねしてくださったり
さらにファンになりました

で、猫好き♡
犬ももちろん、動物全般に愛を注いでいる
このお仕事はかなり萌え(燃え)たのではないでしょうか


演目出たとき猫!!
それも菊之助さん♡
というのでこりゃいいや行けたら行くぞっ
と消極的に思い続け、でもとにかくチケット予約しちゃった

消極的ではないか
でも私、天性の後ろ向き人間なので

いつものとおり
ぼーっと観劇でなにがなんだかですけれど(来られたことにうれしくて満足して相当部分寝ました)
でも楽しい!って思えたからシアワセ

菊之助さんは大好きです
彼がまだ10代の頃拝見して粋でいなせなのに驚愕しました
なんてステキ、末恐ろしい、と


歌舞伎と遠ざかってますから
たまーーに国立だけですから
役者さんの名前わかんない
代が替わっているのにもまったくついていけてないです

でもともかく
菊之助さん(あ、菊五郎さんもね)、時蔵さん、松緑さん、左団次さん
それくらいはわかるし

歌舞伎観はじめたのはやはり文楽座と同じくらいで30年以上のにはなるのだし
ブランクブランクではあるものの
田之助さん、萬次郎さん、團蔵さんだいじょぶだし
亀蔵さんだって全然好き(いつからこんな日本語平気でつかうようになったのじゃ)

そういえば今回初めて萬次郎さん、彦三郎さんいいじゃない、って思ったわ(失礼だろう)

この前のとき(塩原多助?)新しい権十郎さんも覚えたし

こういうご祝儀演目はよいですね、こんなもんだ、と納得して華やかさにわ~っと感動できる
国立は歌舞伎座とかと違ってわりと芝居をきちんとするでしょ
復活にも熱心だし
だったら文楽座ももっと熱心にやったらどうだい?
と言いたくなるけどさ
まそんなことアタシごときが言うことじゃないわな

文楽座なんか知らないよ~~
(と叫んでみたかった)

塩原多助以来お気に入りのこのあたりの席
ふふ、3階天井桟敷もよいのだが、たまにですから少々の贅沢をさせていただくわ
一等じゃないですよ、念のため

三河屋さんがなんか疲れたように出てらしたけど
そういうお役なんですかな

でいっしょの人に「よろずや!」ってかかるんですけど
どなたですかな
声がよい、とてもよい、かなりよい

--ごとしでござる
ほほお、どちらも鼻濁音で抜くのだな

萬屋はわりとみなさん口跡よいのではないかしら
歌昇さんもいいし
あーこちらも代が替わってるんだごめん
又五郎さんになられたのよね、それくらいはわかっているぞ

そして相撲取りが菊之助さんだということはあたしだってすぐ・・いばるほどのことでもないです
変わらずお美しい大好き
清潔感、いかにもなお育ちのよさ
たまりませんわ

そしてまさかの
誰????と真剣に悩んだのは--

ほんとにしばらく拝見してなかったから
松緑さんなのよね
びっくり
あんなに小顔でスリムでらした?
生はほんとに久々でしたから
昔からそうでらしたかな、なんかイメージかなり違った

この方のお父さまはとてつもなくステキでした
身のこなし素晴らしさが色気につながり、さらに私が重視する口跡のよさと

テレビでちょっとした映像観ただけでををを、となりますもの
どうしてあの口跡が受け継がれなかったか
残念でござる

左団次さんの眼力は魅力です
何かと魅力的な方ではある
この方も声が独特で
美声とか口跡がよいとか、そういうのじゃないのですが
いい声、と言ってしまえばよいのか
どういうふうによい、とかっていうんじゃなく
いい
ということ

菊之助さんは色気と風格と
声もよい
いかにもおっとりした
團十郎さんをもっとよくしたような声

團十郎さんは唯一無二
比肩するものはないのですが

お相撲の行事は田之助さん
よくお似合い

ここでも松緑さんの声にいくぶん落ち込む(えーん)

でここからしばらく私はずぶずぶと奈落の底へ落ちてしまったのでありました・・・
寝ちゃった


いつ復活したかというと---よくわからない

休憩にはちゃんと起きてトイレ行ってロビーうろうろして売店眺めて(買うものない)
3階まで行って絵を見たりとかちゃんといつものとおりゆったり遊んでいました

で、いつの間にか七福神の宝船でございます

四幕目所作事

長唄囃子連中
これがけっこういったい何事??というくらい大衆芸能でありました
どれがどなたなのかさっぱりわからねえ
観る方もめっきり素人でございまして

だって弁天さま誰??ってわかんなかったのよ
時蔵さんだっつのに・・それっぽく見えなかった

衣裳にも驚きましたし
ひらひらフリルなの
歌舞伎の弁天さまっていつもああいうのお召しなんですか?

よくわからないままそれが終わりましたら
巴と義仲と称する2人が登場しまして

長唄、マイク通してるんですね
そうすると下手後方から聞こえてきたりしてなんだかヘン

その後は・・何がよかったかというと
歌舞伎は必ずこういうおふざけを入れてくださるのですが
亀蔵さんのスギちゃん

あたしだってスギちゃん知ってる
ン10年テレビをほとんど観ないという暮らしをしましたが
今住まいするところはあります
と言っても見る習慣なかったので積極的には見ませんけど

それでも目に入ってくるでしょ
スギちゃんて何も芸というのはない人なのね
芝居もヘタ

でも憎めない、なんかぽわっとしてる
嫌いじゃないですね、カワイイもの

威張ってないし、なんとなく育ちよさそう

スギちゃんのこと書いてるのもナンですが

亀蔵さん
声が口跡がとんでもなくよい方だから、三の路線はいいのです


ついに菊之助さんの猫
胡蝶

猫手する
歩き方も猫

これを観にきたのですもの
うれしい

立ち回りも美しい
さっそうと時分の花が見事に咲く

大島弓子さんの綿の国星よりかわいいーよー
堪能しました
来てよかったうれしいうれしい

ますます菊之助さんが好き
そうだご結婚相手もすごーーく気になっていたのですが
よかったですなあ、雲の上の出来事ですが、いやいやいやなんとも夢心地

菊之助さんは文楽座の公演にお客さんとしていらしてるのお見かけしたことあるし
瓔子さんは私はお見かけしたことないですがいらしてるそうですね

そういうところもエライなー
いいカップルでらっしゃいます
天邪鬼なワタクシでも素直に思えます

なんだかまともに観てないのがありありで書き飛ばしてますが

デカい鼠がうれしかったのですよ
いかにも国立菊五郎劇団!!なデカさ
感動でした
淡路人形座的にデカいのです、うるるるる
またまた来てよかったと感慨深き瞬間

目が光る
そしてレーザービームが飛ぶ
それだけで感動できる

期待したところがすべて期待通り
チケット取ってちゃんと行けて(これまでどれだけドブに捨てていることか)
というだけでもうれしかったのに

私にこれを観せて、魅せてくださった力にすべて感謝して
わけわからず終わります
読んだ方に謝らなくちゃ
ホントに申し訳ございません

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukuhime77.blog36.fc2.com/tb.php/562-5ed1b8cc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。