FC2ブログ

ふくひめライブ--絹の絃、人形浄瑠璃文楽と落語

スポンサーサイト

Posted by ふくひめ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正清本城の段/八陳守護城

Posted by ふくひめ on   0 comments   0 trackback

人形浄瑠璃文楽5月公演 

燕三さんの音
重い


控え目、なんですよね
佇まいも
師匠にとてもとても似てらして

でも違う
なんて表現したらよいのか
ダメですね、できない

とにかくこの包容力が好き
控え目なのに大きな器で包んでくださる

主計が下手の門に手をかけ
鈴を鳴らす
雛絹を呼ぶ

ここの詞章すてきでした
--母の教えの綱手縄引けば鈴虫それぞとはかねて松虫雛絹が
手燭携え庭に下り---

--とゆふしでの神の結ぶの縁ぞとは--

雛絹に勢いがある--
大きくふりかぶって
ふわと舞い上がり駈け出ださん

雛絹の舞
微笑みの雛絹が大きく喜びを表現して舞う

おお後ろ振り
よく踊るお嬢さまですこと
おとなしそうなのに

なんだかこのそぐわなさがステキな方です

考えてみればこの方
主計を思う一心でまったく他人のなかに飛び込んできている

勇気なのか
人を信じ切ってるのか
何も考えていないのか

燕三さんの音が美しい
それが彼女を大きく舞わせる

ホントに大きい--見惚れる
蝶のようです、大きな翅を広げ
袖パタパタパタ

でもなあ
主計くんのカシラが・・・(見ないわけにもいかないではありませんか)

葉末さんが見てる、密かに聴いている
それは承知のふたり

葉末さん、カシラ、着付け、品格、色気とそろった
そこまでは恐ろしく魅力的
あとは歩み、足取り
でもそれってもしかして人形にとっては決定的なことなのかもしれないです

これからもっともっとよくなられると信じています

そうなの
葉末は2人の会話を聴いていた
門から入り、手をつかえ

あれれ
ネズミさんの行進
かわいいかわいい、これ鞠川なのね
彼は忍術遣い、妖術遣い、ニンジャ

すいすいと人物も入れ替わる
場面も変わる
そんな中で咲大夫さんの自然さはスゴイ
パワーで軽々と我々を運んでゆく

そこで明かされる
--三左衛門らくめい--

雛絹がふんわりとのけぞる


正清がヒゲになっていますの
この人の姿を通して心の変化を見せるための芝居なんだな
って誰でもわかりきってるはずのことでしょうが
私はやっと気がついたりして

ここでなにか????という現象
介錯さんたちが障子を一枚ずつ立てている~~
頭の中を???がひたすら跳びはねる

これは後日改められたようです

それで主計くんはどこかすっ飛んでいってしまうわけです
これとていつもの浄瑠璃パターンですから
そのまま流してよいのだ考えることはないのだ

なにしろ(開き直りますが)浄瑠璃読み込んでませんし
頭が頭なので・・・

でさらにさらに雛絹はここで
--主計くんには添われぬ運命なのね--と微笑みのまま思い込む

この娘なにも考えてなさそうに美しい
浄瑠璃の姫の典型として価値が高いと思います

生きていても甲斐がない・・・
(ほんとに思ってるようには見えなくても)
ということになりました

このあたりも浄瑠璃芝居の必然ですから
カンタンに納得してしまえる
浄瑠璃に洗脳されていますから

何書いてるんだか
何見てきたんだか
ほんとにわかんなくなってきています
すみません(謝ることもないかもしれない←不遜)

このへんで切ってしまうか

そういうえば
母様という表記の場合
はわさまだったり、かかさまだったりするような気がするのですが
この使い分けはどうなっているのでしょうか

こちらは言葉のセンスゼロですので
なんとそこには柵ママ
黒い装束、喪です、お似合い

でね
柵さんが持ってる黒い筒はなあに??

わかった懐中電灯だ

ん?ここでもう雛絹はのどをついているんだっけか?
そうか、柵ママが
--森氏の娘ならば所詮添われぬ敵どし--

なーーんて言っちゃうからいけないんだった
そこで
--懐刀のどにがばと--
でした

もう順番までめちゃくちゃ(これはけっこういつもなんです)

だからー
--やれ早まった--
とか言ったってさー

でも思うんです
のどに刃を突き立ててこんなしゃべってられるか--と
なんて言ってること自体まだ浄瑠璃洗脳度数が低い
甘い

そう
ここでまたわからない
清郷に代わって--と父清正が出てきちゃう
このあたりがイチバンの混乱の原因です
わからなさの基本

でも浄瑠璃のわからなさが好きと言い切るわたしには
ホントはいいことなのだ

すみません
やっぱり一遍やめますわ

あーでも
葉末さんがきれーーに空中に浮いている
よいなあ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukuhime77.blog36.fc2.com/tb.php/544-e3f62898
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。