FC2ブログ

ふくひめライブ--絹の絃、人形浄瑠璃文楽と落語

スポンサーサイト

Posted by ふくひめ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・まだ八陳が終わっていないらしい

Posted by ふくひめ on   0 comments   0 trackback

人形浄瑠璃文楽 5月公演
八陣守護城

のどこまでいってましたっけ?

人に訊いてちゃいけない


グレたまま遊び呆けていたものですから

いや仕事だってしてはいたぞ
(少しはね)

なんでこんな星の下にってくらい悲惨な生活ですから
ブログなんてさ~

やってられないんですけど
いやなにもかもやってらんないぞ

この長い人生、お金にならない、実にならないことばかりひたすらコツコツ続けてきた私ですから
その流れでブログだってやってるんだし

グレてやる(もっともっと)


主計之介早討からのようです
気を取り直してはいませんが始めます

英さんが大笑いしながら回っていかれるところまでだったみたい
あそこホント、希さんのあの目が印象的でした
(本筋とカンケイないことにばかり目がいく私)

そして
なっ、なんと次は
咲甫さんとーー誰だと思う??
団七さんっ!

いいのかしら??
いいんですよね、なんでもありだ人形芝居は

団七さんかっこいい
びしいっ ふわり びしっ ふわっぷりぷり
この音色のざらつきとふんわりの絶妙トキメキ

あのまろやか、ふくよかな刺激に包まれたとき
なんと幸福だったことであろうか

こういう気持ち2度と味わえるかどうか
いえ、またお願いしますっ

玉翔さんのお福さんがもちもち可愛く生命感にあふれている
紋吉さんは好きだなーなんだか好きって、相性でしょうか
紋壽さんちの子たちはみな好きです
マジメ、誠実
そこからの揺らぎが私の心に響く


大内義弘が素敵でしたよねー
勘壽さんですもの品がいい、おっとりしてる
癒されました

森三左衛門と同じ孔明のカシラですが
違いますよね、キャラ
和生さんと勘壽さん、きちんと違いを示してくださっています
あたりまえか
お遣いの方が違えば違うのだ
じゃあ何が違うって

和生さんと勘壽さん
森さんと大内さん
その違い(つまりわからない)

葉末さんというのは
へー加藤正清の奥方ですかー
へー

すばらしき目力です
清三郎さん・・じゃなかった、文昇さん
文雀さん、和生さんの薫陶のもと、というのは周知のこと

似てるんですよ
文雀さんの目力に
めらめらと燃えている、ほとばしる

品格もある
まるで文雀さんのカシラのようだ
和生さんの風格だ

みごとですこの緊張感と品格

でも何が違うかと言いますと
歩き方です
足の運び
なにしろシローとの私(それもかなりおバカ)、それが遣われる方の運びによるものなのか
人形自体のことなのか
どう解釈したらよいのかわからないのですが

歩き方が違います
だから文雀さんにも和生さんにもならない
でもいいのよー
文昇さんまだ和生さん、文雀さんまで間があるのですもの
これからですもの
ホントにスバラシクなられてますよね

私ひたすら褒めてるのよ
わかります?

もう一息だもん
いやあと何回か突き抜けて、ね

うわーかっこいい
--灘右衛門という船頭ぢゃわい
なんと、私の位置からお顔が見えない(人形遣いさんの)
玉也さんだというのに

人形遣いさんやっぱり60過ぎないと・・と思います
50前後ですこーし突き抜けるんですよね

そしてやや間があって、60前後が境目になります
と私は勝手に思っていて

ほんとにほんとに玉也さんは素敵だ
いやご本人もとんでもなく素敵ですが、お人形

こういうのをこう遣える方
いないでしょ

こんな大事な方いなです
宝です
かけがえがない、代わりがない
みなさん、大事にいたしましょう
アタシが言わなくったってわかってらっしゃいますよね、すみませんお詫びします

で、お顔はみえなかったのですが、ハカマで玉也さんだとわかりましたので
モンダイないです

考えてみれば葉末はかなり重い役ですよね
でもみごとに着付けにも品格あるし
そこにいるだけで存在感もある
動くと、ややまとまりのない和生さん、というところでしょうか
(この差は実は大きい)

灘右衛門が樽をほおって大内さまへ

でモンダイは主計さんですが
いや勘彌さんいいんですよ

でもさーなんでこんなにカシラが変わっちゃうわけ??
別人(28号と言いたいがそんなオヤジなこと言ってるわけにもいかない)だよねー

駕籠から転がり落ち
水を母からのませてもらい

主計くんはなんというかーー
やや勢いのない、おとなしめの注進といったところでしょうか

--これかずえいのう--

美形とは言い難い顔でハッと気がつく


団七さんがよかったの~~
ふっくら包まれてしまいました
これ団七さんの醍醐味

咲甫さんと相性よいのかしら??
私咲甫さん好きよ、ねっとりとしてて

話はどうして??のままなんですけど
よかったなー

葉末さんの存在感も
歩く姿の威勢のよさとの対比の妙

さて現在パワー説得力最高をきわめる、ついに大トリのご出座となります
でもその気持ちよさが命取りとなり
奈落へ沈み込んだりするのです


120525_1026~02

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukuhime77.blog36.fc2.com/tb.php/543-f276bb7a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。