FC2ブログ

ふくひめライブ--絹の絃、人形浄瑠璃文楽と落語

スポンサーサイト

Posted by ふくひめ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦山権現誓助剣/毛谷村六助住家の段

Posted by ふくひめ on   0 comments   0 trackback

人形浄瑠璃文楽2月公演

2月公演は寒いです、いつも寒いと感じます
12月公演はちっとも寒くないですが
今年はどうかな


ちょっと寒いところに行ってきたので
そこはほぼ氷点下10℃でしたので
あれを体験すれば東京の寒さなんてなんてことはない

基準が違っている

でもね、それなのに
東京ってなんでこんな寒いかねって思います
風が強いので寒さ倍増します
関東って風が強い、ツライです

どうでもいいこと言っててすみません


さて舞台

定式幕が開かないうちに
そのうしろから口上が聞こえるのです、珍しい
こんなの記憶にない(記憶力はゼロなので話半分で)

そしてそこにお囃子がぽんぽこと鳴る
ふーん

でどういう場面でどうなったかわからないんですが
記憶にあるのは

うわぁあぁあぁと絶叫の感動です
たっ玉彦さんが立派な武士をお持ちになって出遣い~~
(ミーハーの叫びを聞け)

とんでもない・・うるうるドキドキ

おお・・勘介さんもじゃ

二人とも緊張でしょうねえ
どんなお気持ちでござろうぞ

玉彦さんは初々しい中にもさらりとした表情で
平常心っぽい感じでらっしゃるけれど
平常心を失っているのは私だ
(平常心て私にあるだろうか)

勘介さんはきりりと表情引締め
晴れ舞台がんばっておりますっ
そんな風情
なんか別人みたいでござるな
(いつまでござるを続けているのだ)

役名弟子曽平次・軍八
誰の弟子?
六助なんだろうな

それにしても
玉彦さんすてきだわー

みどりの袴がパキっと凛々しく
さらにひき立てる

それになんか勝手な思い入れで、玉也さんのひとりムスコと思うと
うるるるうるるrrr

すごいスゴイ
玉彦さんのほうがかなりセリフ、仕所も多い
うれしいなあ(夢見心地)

お二人ともサムライですものねえ
立派なお役がついて
親戚の(自称)おばさんはうれしいです、涙してしまう
(してなくてもそういう気持ちということで)

そして咲甫さんの語りがまたまたよく似合う
そんなに身分高くもなさそうに、ちょっとお茶目風に
最若手がお遣いの人形らしく
いい頃合いになじませてくださっている

舞台に咲き誇る花が初々しく彼らを彩る
上手はツバキですか、それとも橘でしょうか
花オンチなんです恥ずかしながら

下手は最初桃かなーと思ったら
梅、とどこかで聴こえましたのでたぶん梅なのよ

そのそばにエメラルドグリーンのキモノが干してあります

そこにあまりにもいい人そうに六助がいる
母思い、それで人に簡単にだまされる

杣仲間の二人が六助を心配してる
--へちゃげたわいのう--
ってどういう意味かしら

人に心配かけるほどのお人よし

--こなさんほんまに負けたのか

うふ
紋秀さん顔真っ赤にしてがんばっております

--みなしごどんにぼたもちを--
どこまでもみんなやさしい

気のよい浄瑠璃、まさに

六助の歩く姿
おっとりしながら、天に向かってのびあがるようにまっすぐ
美しくそして心の揺らぎから生じる甘さ
麗しい

あれ
勘彌さんがおばあさん
武家のちょっとずるい系のおばあさん
いやずるいは言い過ぎ

考えのあるおばあさん

このカシラ葛の葉姫のおかあさんがこれだったわね
彼女悩んでいましたものね
--保名・・こいつだいじょうぶ?!って

勘彌さんここんとこおばあさん多いかな
身分の高い方の品のあるタイプの

薪背負っていながらしとやかです
どなたさまでございましょうか
いい柄のキモノ着てらっしゃる
それなりのご身分であることは明らか

つまりかなり怪しい
かといってけして悪人ではない

暖簾から出る六助

目を瞠るほど手が長いのです
大きい人であることの表現

ほんとに長いのか
遣い方で長くみせるのか
それは素人にはわかりませんですが

--ほたほたと
おばあさん
--わしを親にさっしゃれぬか

えぇえぇぇぇぇ

そうかー
やっとこのへん思い出してきました

六助ゆらぎのうろたえ、えぇ・・と
品がよくて程よくて
結構です

母お幸、このキャラはすばらしすぎる
もう決めたのそうしたの、ふふんアタシ六助の母
この落着きと当然感はありえないからこそ
いいんじゃない?と誰もに思わせる

ここはあたしんち
必然
上手奥座敷へ落ち着いてしまいました
それでよいのです

--ひき立て---
どうなるんでそ?
というわけで床廻る

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukuhime77.blog36.fc2.com/tb.php/526-19ee0f62
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。