FC2ブログ

ふくひめライブ--絹の絃、人形浄瑠璃文楽と落語

スポンサーサイト

Posted by ふくひめ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆櫓でしたね/ひらかな盛衰記

Posted by ふくひめ on   0 comments   0 trackback

人形浄瑠璃文楽 9月公演 第二部

ムリを承知で逆櫓いきます
場面転換ですが床は変らず



今が最高
咲大夫さん燕三さんだからこそ可能な芝居

権四郎はのれんに入っていった
誰もいない

燕三さんが調絃を整えて
ハッ

始まる

華麗に場面をつなぐ
ファンキー、なんてほんとはそんな表現はしたくないけど
そんな風に感じてしまったからしかたない

そこに船頭3人

燕三さんとスイング

初日に見たときより中日あたり
燕三さんお疲れのようすがありました
音色も、ご様子も

ほんとに音色が
悲愴につらそうで
音が前に出ない、苦しさにあえいでいる、苦しそうだったのです
こちらまで息ができないような、そんな苦しさを感じてしまいました

でも
千穐楽はほぼいつもの燕三さんに戻られたか
そんな寛治(感じ)でしたが

でも以前はよくにっこりされたり余裕な表情も見せてくださったけど
このごろそういうのが少ないような・・・
そんなことはないでしょうか

やりがい、よりも
責任の重さでしょうか

このごろいろんな場で神の手
なんて言葉が使われているけど

ほんとうの神の手はこれでしょう

そうか人形遣いさんの手もそういう表現ができますが・・・
でもしません

そんな安易なものではありません、って
あーーん、もうシロートはお黙りって~

三味線弾きは闘う??のでしたっけ

オーーン

ヨー、イ
メリヤスになる
樋口が出ますが
そう、あの衣裳です、両手広げたポーズが似合う
モノトーンなのになぜか華やかなあれ

そうか、感心
メリヤスの間
お二人は休めるのだ
芝居ってよくできてるものだ

樋口の足
すごいななな・・と口あんぐりあけて私もスイング
泳げないくせに泳ぎたくなる、手を動かしたくなる

なぜか
初日、中日、ラストと(結局ぜんぶ)
ここの樋口が、ほんとになぜかなのですが
ちょっと寸づまりに見えてしまった、なぜなのでしょう
わからない

少しばかり違和感といえばそうなのですが
でもいいや
寸づまりのウルトラマン、仮面ライダーとか、かわいいもんねー
マスコット買って大喜びなのよ、私

寸づまり樋口、さあ行け!
君はヒーローである
浄瑠璃芝居は変身ものですから


燕三さんがすり下げ、すり上げ
そして足拍子で樋口が舞う

足拍子--魂の響き
これがあるからこそわれわれは人形芝居に酔いしれる
足遣いさん、あなたたちは最上の喜びをくださる


下りる幕は--海だ
浅葱幕は海

下手から船で再登場の1人と3人

オーーン

カンヌキ--なにおかつつまーん

ヨイ
バシッ

ヨ・イ
バシッ

足拍子

六方、ニラミ

逆櫓のお稽古

大きく大きく松右衛門=樋口を踊らせる、舞わせる咲大夫さん燕三さん

この音楽も舞も
古典芸能とか、現代音楽とか
そういう区別など無意味

オリジナル

松右衛門は「まっちょみどん」
咲大夫さんの口跡の明晰さと軽やかさは天賦の才
浄瑠璃を重くしない
きらめく娯楽にしてくださる

私たちに与えてくれた素晴らしい贈り物

おお
下手で、どなかたかは見えないのですが
樋口と同じ振りを舞っているかたがいらしてその手だけ見えるのです
そうして盗んでいってください

三味線の旋律はエキゾチック
樋口を表現する

衣裳もエキゾチック
これ、なんかかわいく見えるようにできてるのかな
ボレロですよね
よくよく見ればかなり不思議なつくり

つくづく人形芝居は不思議でござる
と感じます

さあ行く

やーしし、やっしっし
この繰り返しは高音と低音を交互に使い分けて変化がついている

紋秀さんがいいなあ
文楽座のマジメさ、堅さを代表するようなそんな表情が好きだ

(たぶん私みたいなヘンなオバサンはお嫌いでしょうね
冷たくあしらわれるでしょうね
コワそうだなー、でもそこがよいの・・い、いや話しかけようなんて思ってるわけでは)

理想の権四郎
--よく訴人なされた

樋口が二人、文哉さん、簑次さんを踏みしだく
えいえい

目を寄せて見得切って、かわいーー

メリヤス!!

座ってみてるだけでスポーツ
樋口っていくつぐらいなんだろう

ツケが頼もしい

木を仰ぎ見て、左手広げ登りはじめました

ハアッ
--見渡せば--拍手~

左遣いさんが右手整え
降ります

およしのかわいいこと、よく似合うこと
刀抱きしめ

音楽はまだまだ激しい
打ち付ける三味線

樋口もまだまだ張りつめている、すべてを背負う

およし、どうしたらーー? おろおろ
かわいい

権四郎の細かい足どりが存在を主張
ほんとに人形とは思えないほどに自然
たとえばアニメって独特の不自然さがありますが
そういうのが人形にはない
あ、それって玉也さんについて言えることなのですが

えっとこの人誰?~って畠山が出る

このカシラは好み
人格のよさがすっきり表現されている

樋口は
左遣いさんがうやうやしく縄を取り出し縛る
そしてあとは足遣いさんに任せて去ってゆく

うーーん畠山立派ですねぇ
こういうの玉輝さんです絶対

--四相を悟る
ってなんだろう

そして--やってのきょうやってのきょう

権四郎の絶唱

咲大夫さんが歌い上げる
--潮の満ち干にこの子が--

歌う権四郎
若君を抱いて歌う

権四郎の足に心
かわいい人、おじいさんはかわいい

主役は権四郎です
人形浄瑠璃芝居の主人公はおじいさんなのだ

権四郎から若を左遣いさんが受取りおよしに
そのときの玉也さんをみつめてしまう

この子がほんとうの孫と--

つばささんが下がる

涙に咽ぶ

縛られた樋口、ちょっと足を浮かせすぎかなあ
いいのか、私が居る位置に問題があるのかもしれません
考えてみれば、劇場すべての人にちょうどよくってムリですね

畠山がかっこいいのは
玉輝さんがかっこいいからか


樋口は足遣いさんだけなのだ
すばらしい足拍子
ほめてあげてください

およしの、権四郎の自然なやわらかさ
それがこの芝居のすべて
勘彌さん、玉也さんにお礼を

樋口を演じられるのは玉女さんだけ
お礼を

燕三さん、咲大夫さんに言い尽くせないほどの感謝を


--枝葉を今に
オーーン

残しける

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://fukuhime77.blog36.fc2.com/tb.php/500-bf82cd21
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。